たかはまこども園(仮称)

 「高浜市子ども・子育て支援事業計画」により、高浜保育園を民営化し、幼保連携型認定こども園として、2020年4月より運営する事業者として、当法人が選定されました。

 

 スムーズな移行をするため、このページにて情報を公開していきます。


Q & A

Q

「幼保連携型」とはどういう意味ですか?

A

認定こども園には

○[幼保連携型]とは、「教育と保育を一体的に行う施設」です。

○[幼稚園型]とは、幼稚園が保育園機能を加えた施設です。

○[保育所型]とは、保育園が幼稚園機能を加えた施設です。

 

Q

 どうして「幼稚園」から「幼保連携型認定こども園」になるのですか?

A

 理由として、つぎのことが挙げられます。

1、多様化する保育ニーズに対応するため、「高浜市子ども・子育て支援事業計画」に基づき、高浜幼稚園を子ども園化するため。

2、国が示した基準、すなわち[教育・保育を一体的に行う施設]に適合する施設となるため

 

3、保育教諭による、質の高い教育と保育が提供できる環境を整えるため

 

Q

幼保連携型こども園と幼稚園のちがいはなんですか?

A

 

まず、1歳児、2歳児の入園ができるようになります。そして、高浜小学校から搬入していた給食は、給食施設を新設して、温かくておいしい、年齢にあった食事を提供できるようになります。

 

Q

幼保連携型こども園になると、勤めている先生はどうなりますか?

A

民間法人になることによって、公務員である先生は異動になりますが、2020年度も引き継ぎとして園で働く先生もいます。子どもたちの混乱のないよう、スムーズな移行に努めていきます。

 

Q

夏休み、冬休みはありますか?

A

 

長期休業は考えておりません。1号認定・2号認定どちらの園児にも、一体的な教育活動を実現するための時間設定を考えています。